HOME > ビジネスマナー > 働:ビジネスマナー

退職のマナー

退職には人それぞれの理由があると思いますが、最後まで礼儀を尽くして真摯な態度で臨む必要があります。後任の方や取引先に迷惑がかからないようにすることも社会人のマナーです。
お世話になった会社に迷惑をかけることなく、きちんとした手順を踏んで退職しましょう。

退職時期

退職が決まったら、まず直属の上司にその旨を伝えましょう。
法律上は2週間以前に退職を伝えれば問題ありませんが、会社の社内規則によって2週間前、1ヶ月前、3ヶ月前という具合に予め定められている場合もありますので、通常はそれに従わなければなりません。会社の今後のことも考えて、できる限り早めに、最低でも1ヶ月前には告知するようにしましょう。

退職願の書き方

退職願は、就業規則で特別の定めがない限り、白無地の便箋、白無地の封筒を使用します。書式は、縦書き・横書きどちらでも構いません。黒、または青のペンを使って楷書体で書きます。
退職の理由は、いかなる理由があろうとも、「一身上の都合」とします。具体的な退職理由などは書かないようにしましょう。
また、退職が受理される前なので「退職届」ではなく、「退職願」と書きます。

残務整理・後任への引き継ぎ

自分が担当していた仕事の進行状況の報告や後任への引き継ぎは、できるだけ余裕をもって仕事を引き継ぎしましょう。仕事の進行状況や、後の段取り方法、可能な限り詳しく伝えます。
また、取引先への挨拶回りも後任の紹介も兼ねて同行します。挨拶回りをできなかった取引先には、手紙や葉書で挨拶状を送っておきましょう。

会社に「返却するもの」と「受け取るもの」

退職するときは健康保険証、社員証、社章、名刺、制服、前払いの交通費や通勤定期券、事務用品などです。会社の経費で購入し、仕事上使用していたものは返却しなければなりません。
受け取っておかなければならないものは、雇用保険被保険者証、源泉徴収票、年金手帳、離職票です。離職票の発行は、10日前後かかります。失業保険の給付に必要になるものなので、次の転職先が決まってない人は必ず受け取りましょう。

日本で就職! 次はあなたの番です!

外国人&留学生のための求人情報はもちろん就職成功ノウハウ、ビジネスに役立つ情報満載! まずは、無料会員登録から!

無料会員登録

ビジネスマナー

衣:職場での身だしなみ

食:食事・接待マナー

住:住まい、暮らし

働:ビジネスマナー