HOME > ビジネスマナー > 衣:職場での身だしなみ

衣:職場での身だしなみ~女性編~

オフィスでの女性の服装

ビジネスシーンにふさわしい、男性の服装について説明します。
基本は以下の3つと心得てください。

1. 清潔感があること
2. 相手に不快感を与えないこと
3. 仕事がしやすいこと・動きやすいこと。

ひとくちで女性の服装と言っても、クリエイティブな仕事、営業的な仕事、事務的な仕事、人と接する仕事など、仕事の内容によってさまざまです。
下記に、ビジネスシーンにふさわしい女性の服装を挙げてみました。
記載したのはほんの一例で、基本的には一般企業でのお仕事を想定しています。介護の仕事、子どもと接する仕事などの場合、動きやすい、明るい色づかい、汚れても良い洗濯しやすい素材、などがふさわしくなるでしょう。また、制服がある職場や業務の場合は、通勤時と勤務時とで服装を着替えるため、比較的自由がきくと考えられます。

ビジネスシーンにふさわしい服装

営業的なお仕事の場合
  • 社外の人と接する機会が多い場合には、あなたの印象が会社の印象を決めます。スーツ、ジャケット+スカート、ジャケット+パンツを基本にします。
  • 客先との面談も二回目以降の面談であれば、相手の役職や取引・おつき合いの内容や年齢、季節に合わせたお洒落でも良いでしょう。肌の露出の多いものはNGです。
  • シャツやブラウスの柄は、無地、ストライプ、ドット(水玉 )などは良いでしょう。花柄なども、小花ならもちろんOK。ある程度派手な柄でもジャケットのインナーとして個性を出すアイテムになるでしょう。ヒョウ柄などは着用しない方が無難です。
  • 襟や袖口は清潔なものを。また、きちんとアイロンがけ(またはクリーニング)したものを着用しましょう。
  • 素足(生足)は避け、ストッキングの色や柄もビジネスシーンにふさわしいものを心掛けましょう。
事務的なお仕事の場合
  • 新入社員の場合は、入社してからしばらくはスーツ、ジャケット+スカート、ジャケット+パンツを基本にします。大切な会議や、重要な顧客と合う時にもきちんとした服装があなたの印象をアップさせます。
  • 翌週からは、上記の服装にとらわれずに、ブラウス+スカート、シャツ+パンツ、ワンピースなども取り入れて良いでしょう。肌の露出の多いものはNGです。
  • おじぎをしたときに胸が大きく開いてしまうようなデザインもNGです。また、ノースリーブもあまり好ましくありませんし、タンクトップなどは必ずジャケットをはおるようにします。
  • 空調は男性の服装を基本にしているため、暑いとき、寒いときに調整がきく服装が良いでしょう。職場用に、カーディガンやひざかけなどを用意するのも良いと思いますストッキングの色や柄もビジネスシーンにふさわしいものを心掛けましょう。 素足(生足)は基本的にはおすすめしませんが、職場によってはOKのところもあるようです。先輩女性たちの服装を見て判断してみてください。
  • ミニスカートや短パンは原則として不可でしょう。
  • パンツ類のうち、ジーンズについては、きちんとしているものなら「可」のケースが多くなってきているようです。上半身に襟のあるものを着用するだけでもぐっと印象が違ってきます。ジーンズに穴を空けたり、脱色したり、ダメージ加工の強すぎないものが良いと思います。ただし、初めて着用する前には、先輩女性たちの意見を聞いたり、先輩女性たちの服装を見て判断してください。
  • 派遣などで働く場合には、派遣先の職場の雰囲気に合うことが大前提です。ブラウス+スカート、シャツ+パンツにジャケットを合わせる等、きちんとした服装が好ましいと思います。心配な場合には最初の打合せの時にある程度質問しておくことをおすすめします。
クリエイティブなお仕事の場合
  • 一般的にクリエイティブなお仕事の場合には、服装の自由度が高い職場と言えます。とはいえ、他の人に不快感を与えない服装を心掛ける必要があります。
  • 肌の露出の多いものやミニスカート、短パンも原則として不可です。

その他の身だしなみ

その他の身だしなみ

お化粧
  • 厚すぎるお化粧、派手な口紅、濃すぎるマスカラはNGです。きりっとした「知的で清潔感があるお化粧」を心掛けましょう。
  • 職場でのノーメイクは別に不可ではありません。ただ、人と接する仕事をする人の場合は、ノーメイクよりも清潔感のあるお化粧や、印象に残るお化粧をきちんとすることをおすすめします。また、紫外線によるダメージを防ぐためにもノーメイクよりはメイクをしたほうが良いでしょう。
  • 顔色が悪い場合には、お化粧をしたほうが少し健康的で明るい印象になる場合もあります。
  • お化粧直しは化粧室で行ないます。自分の席でコンパクトを空けるのはマナー違反です。食後に口紅をなおすのも、リップクリームを塗るのも、化粧室で行ないます。
ネイル、マニキュア
  • マニキュアも、つけ爪などによる派手なものは避け、無地や淡いピンク系、肌色系のおとなしいものにします。指先が清楚で女らしい印象になります。
  • 職場によっては、ラメやパールや色付きのマニキュアを禁止しているところがあります。色付きのものをつける場合には、職場の先輩女性たちの指をよく観察してからにしましょう。
  • 仕事の内容によっては、マニキュアを塗らない方がよいでしょう。商品を取り扱うときに、商品に傷をつけたり、食品を扱うときに不潔な印象になったりするのはマイナスイメージです。きちんと切りそろえた清潔な爪は、働き者の印象を与えます。
  • 自分の席でマニキュアを塗り直したりするのはもちろんNGです。
アクセサリー
  • 派手なイヤリング、大きなものなどはビジネスシーンでは不可です。揺れない小さなピアスなら、OKの職場が多いでしょう。また、 スーツに合うきちんとしたイヤリングやピアスも、清潔感のあるものならOKの職場が多いと思います。揺れない小ぶりのものをおすすめします。
  • 派手なネックレスは不可です。コサージュやブローチは、服装に合っていればある程度OKでしょう(保険の外交など、人と接するお仕事の方などは顔の周りが華やかになるのでお使いになることも多いようです)。
  • アクセサリーは、年齢によってOKのボーダーラインが異なってきます。若い人はできるだけ清楚を心掛けてください。また、役職によってもOKの範囲が変わってきます。アクセサリーには表情の印象を柔らかくしたり、顔だちを明るく見せる働きもあるので、効果 的に利用しましょう。
  • ベルトについても、ビジネスシーンではあまり派手なベルトや大きなバックルは避けましょう。
  • 指輪は、デスクワークをする際に邪魔にならないものが基本です。人や備品に傷をつけてしまいそうなデザインや、打合せの時に目を奪われるような大きな石のもの、派手なものは不可です。
  • 腕時計は、節度のある範囲で、比較的自由ですが、高級品は安全上の面 からも職場に持込むのはあまり好ましくありません。
  • 営業的なお仕事の場合は、基本はパンプス。バックベルトのサンダル、ベルト有りのミュールなどもOK。かかとの無いサンダル履きや、かかとのベルトのないミュールはNGです。トングミュールもビジネスシーンにはふさわしくありません。
  • ホテルなど、接客業の人は、お客様の靴をみてその人の格を判断すると良く言われます。きちんと磨いて手入れをしておくこと、同じ靴を連続してはかないこと、だらしない靴を履かないこと、この3つを守るだけで、ずいぶんあなたの印象が異なってきます。
  • 歩くことが多い場合にはヒールが太く、かかとの高さはあまり高すぎない方が疲れません。
  • 社内靴に履き替える事務所では、サンダルなどを利用する方も多いですが、トングミュールやコツコツと靴音が響き過ぎるタイプは職場によっては周りに不快な印象を与えます。
カバン
  • 営業の業務の女性は、携帯電話、化粧品、手帳、A4の書類、筆記用具、ハンカチ、ティッシュなどのものがスッポリ入るタイプのバッグをお使いになる方が多いようです。
  • 普通の業務の方の場合は、通勤用のバッグのデザインは比較的自由に選ぶことができます。満員電車の中でお財布などをすられたりしないようにきちんと閉じられるバッグで、丈夫なもの、定期券などの出し入れをしやすいもの、できれば、内ポケットなどがいくつかあり、携帯電話などの収納や出し入れがしやすいもの…といった基準で選んでください。
日本で就職! 次はあなたの番です!

外国人&留学生のための求人情報はもちろん就職成功ノウハウ、ビジネスに役立つ情報満載! まずは、無料会員登録から!

無料会員登録