HOME > ビジネスマナー > 住:住まい、暮らし

交通:運転免許

運転免許

自動車を運転するには、運転免許が必要です。自動車教習所などで練習して、運転免許を取得してください。自国の有効な運転免許証を持っている人は、手続きをすれば、日本の運転免許証へ切替えることができます。

・国際運転免許証
ジュネーブ条約に基づいて発給された国際運転免許証に限り、日本でも有効です。有効期間内で、日本に上陸した日から1年間有効ですが、入国後1年以内に国際免許証の有効期限がきた場合は、その日までとなります。

日本国内に住民票のある人や外国人登録をしている人が、日本から出国して国際運転免許証を取得した後、再び入国した場合は、出国から入国までの期間が3ヶ月以上なければ認められません。

・外国運転免許証
ドイツ、フランス、スイスの運転免許証については、日本語の翻訳文を併せて持っている場合だけ、日本に上陸した日から1年間、運転することができます。1年経過後、日本国内に住民票のある人や外国人登録をしている人が、日本から出国して再び入国した場合は、出国から入国までの期間が3ヶ月以上なければ運転できません。
*翻訳文は、外国運転免許証を発給した国の領事機関、および日本自動車連盟(JAF)のものに限られています。

・日本の免許への切替
外国運転免許証は、日本の運転免許証への切り替えの申請が可能です。
手続きは、住んでいる都道府県の運転免許センター・運転免許試験場などで行います。運転適性・交通規則の試験、運転技能の試験(実地試験)がありますが、非常に簡単です。

・必要書類
提出書類及び詳細については、運転免許センター・運転試験場にお尋ねください。
  1. 運転免許申請書(試験場にあります)
  2. 写真1枚(タテ3cm×ヨコ2.4cm)申請場所で、有料で撮影することもできます。
  3. 外国人登録証明書
  4. 外国の運転免許証(交付日の入っていないものは、交付日を証明できるもの)
  5. パスポート(出入国の記録のあるもの)
  6. 外国運転免許証の日本語による翻訳文
    ※翻訳文を作成できるのは、外国運転免許証を発給した行政庁、当該発給国の領事機関、および日本自動車連盟(JAF)に限られています。
  7. 手数料は、免許の種類によって異なります。

・ 一般的な申請から切替までの流れ
  1. 切替申請
  2. 適性試験
  3. 交通規則の知識確認
  4. 運転技能の確認(運転免許センター・試験場内コースを実際に走行)
  5. 日本の運転免許証取得

・知識、技能試験免除協定
知識・技能試験免除協定を結んでいる国の運転免許証を持っている人は、適性試験のみ受験します。ただし、大型二輪については技能試験もあります。

・運転免許の有効期限
新しく取得した日本の免許証の有効期限は、3年後の自分の誕生日までとなります。その後は、3年または5年ごとの更新になります。有効期限を過ぎると免許は失効します。忘れずに更新の手続きをしましょう。

・運転免許の停止や取り消し
日本では、違反や事故を起こしたドライバーに対して、今後の安全運転を促すため、点数制度を用いています。
点数制度とは、交通事故のほか、信号無視や、速度超過、駐停車違反等を犯す度に点数を付加し、合計点数が一定の基準に達した時、免許の停止や取り消し等の処分を科すものです。なかでも、酒酔い運転の処分は厳しく、一度犯すと免許は取り消されます。
交通事故を起こして人を死傷させれば、交通刑務所へ収監される場合もあります。

日本で就職! 次はあなたの番です!

外国人&留学生のための求人情報はもちろん就職成功ノウハウ、ビジネスに役立つ情報満載! まずは、無料会員登録から!

無料会員登録

ビジネスマナー

衣:職場での身だしなみ

食:食事・接待マナー

住:住まい、暮らし

働:ビジネスマナー