HOME > 就職成功ノウハウ > 身だしなみ

身だしなみ:女性編

身だしなみ:女性編

スーツ

就職活動には、リクルート・スーツが基本です。
袖丈、着丈、肩幅がジャストサイズなものを選びましょう。色は、黒、濃紺、グレーなどが主流です。
ジャケットのボタンは、すべて留めるのが基本です。
ジャケットやスカートにシワがあったり、パンツの折り目がしっかりアイロンがけされていないと、「だらしない人」と思われてしまいますので、注意しましょう。

ブラウス

白系のシャツは、面接官に清楚な印象を与えられます。カラーのブラウスはできるだけ避けたほうが無難です。

ブラウス以外のインナー

女性の服装は、男性に比べて自由度が高いようです。夏場はキャミソールをインナーとして着ることもOKなようです。系の色が一般的なようです。長さはベルトの金具部分が隠長さがれるぐらいまでのベストです。長すぎても短すぎても不恰好なので、気をつけましょう。

スカート・パンツ

ほとんどの方がタイトスカートが主流となっていますが、台形のものでも問題ありません。
丈は立った時に膝上5センチくらいで、イス座ったときに膝との距離が5~10センチになるものを選ぶのが良いでしょう。業界によってはパンツスーツがNGなところもあるのでスカートが無難でしょう。

シンプルな黒のパンプスがベストです。ヒールも3~5センチのものであれば全く問題ないでしょう。エナメルパンプス、ハイヒール、ミュールはマナー違反です。

アクセサリー

指輪やネックレス、ブレスレット、ピアスなどのアクセサリーはNGです。ホワイトバンドも避けたほうがいいでしょう。

ストッキング

肌色がベストです。模様の入ったものはNGです。また、伝線したときのために予備を携帯することをオススメします。

カバン

A4の書類が入る手さげカバンを用意しましょう。会社説明会では、企業の方からパンフレットや資料を頂くことがありますので、カバンは必須です。
カバンの色は、服装に合わせた落ち着いた色合いにしましょう。素材は、ナイロン製でも革製でも問題ありませんが、カジュアルなリュックやショルダーバッグの使用は、避けましょう。

髪型

ロングヘアの方は、面接中に髪の毛を後ろにやったりしないよう、束ねるなどしてまとめてください。また、ロングヘアでもショートヘアでも前髪やサイドの髪が、顔に掛かりすぎないようにしましょう。
保守的な業界を希望する場合は、髪の色を黒に染めたほうがいいかもしれませんが、基本的に女性の多少の茶髪は、そこまで問題にならないようです。もちろん、地毛(生まれ持った髪)の色が、黒系でない場合、特に髪の色を黒に染める必要はありません。

メイク

・ファンデーション
ファンデーションは、白すぎたり、黒すぎたり、不自然にならないよう、自分に合った色を選びましょう。

・眉の形
眉尻を上げすぎるときつい印象になるので、眉山をあまり強調しないように気をつけましょう。また、細すぎたり、太すぎたりする眉も違和感を与えますので注意しましょう。
また、眉の色は、濃くなりすぎないように、ペンシルタイプよりも刷毛状のものを使ったほうがよいでしょう。

・目元
マスカラは、ブラックかブラウン系を用い、自然な仕上がりをこころがけ、付けすぎないように気をつけましょう。また、アイシャドーは、パール入りは派手になりすぎてしまうので避けたほうがいいでしょう。

・口もと
あまりツヤツヤしたものは好まれないので、グロスなどは避けたほうが無難です。
ちなみに、普段からメイクをしてない方は、かえって印象を悪くしてしまうかもしれませんので、無理にする必要はないでしょう。

マニキュア

マニキュアは、目立つ色、派手な色を避け、爪もきちんと短く切るようにしましょう。

メガネ

メガネをかけるのは全く問題ありませんが、曇ったレンズでは良い印象を与えられませんので、常にレンズをきれいに拭いておきましょう。
なお、派手すぎるメガネは、外見だけが目立ち、あなたの仕事に対する考え、企業に対する思いが面接官に印象付けられないかもしれません。できれば、そうしたメガネの使用は、避けましょう。

香水・コロン

香りには、好みがありますので、あなたが良いと思っても面接官が良いと感じるとは限りません。香水やコロンを付けることで、良い印象を与えられるとは限りませんので、どうしても付けたいのであれば、量を控えめにしてください。

日本で就職! 次はあなたの番です!

外国人&留学生のための求人情報はもちろん就職成功ノウハウ、ビジネスに役立つ情報満載! まずは、無料会員登録から!

無料会員登録