HOME > 就職成功ノウハウ > 面接ノウハウ

面接でよく聞かれる質問

自己紹介をお願いします。

面接の導入部分でよく聞かれる質問が自己紹介です。
自己紹介の内容は、氏名を伝えてから、自分の強み、どんな点で企業に貢献できるのかを説明しましょう。(転職者の場合、職歴をメインに自己アピールをしてください。学歴は履歴書に書いてあるので特に説明する必要はありません。)

転職理由は何ですか?(転職者の場合)

転職希望者には必ずこの質問を投げかけます。自分の実現したいことが前の会社ではできないことに焦点を当て、前向きな説明をします。あくまでもあなたの「実現したいこと」が退職理由であり、不満ではないというスタンスで話をするようにしてください。
会社の愚痴や不平不満を話すのは、相手にマイナスの印象しか与えないので避けましょう。

志望理由を聞かせてください。

その企業を“志望するきっかけではなく”、“その会社で何をしたいのか”“なぜ、その会社なのか”を具体的に挙げてください。
その上で自分のキャリアとどう関わってくるのか、どのように活かすことができるのかを伝えるとよいでしょう。

あなたの長所、セールスポイントを教えてください。

「一生懸命」「協調性」といった抽象的な表現を避け、具体例を挙げながら、自らを魅力的な人材であることをアピールしましょう。

仕事上での大きなミスや失敗談を教えてください。

この質問は、面接官が、あなたの判断力と行動力をチェックしようとしています。
そこで、単に失敗談の紹介をするだけでなく、その経験からあなたが何を学んだのか、どう成長したのかも伝えるようにしましょう。

他に応募している企業はありますか?

この質問は、面接官が、その会社への志望度合いをチェックしようとしています。
数社以上に応募するのが一般的ですので、他に応募している企業がある場合は、正直に答えましょう。ただし、その企業が第一希望であることを伝えることが大切です。仕事選びの基準や会社の共通点を説明することで、志望度合いをアピールすることができるでしょう。

あなたの夢を教えてください?

この質問は、面接官が、目標をもっているか、将来設計を考えているかをチェックしようとしています。。その夢に向かって具体的にどんなことをしているのか、どうしていきたいのかを説明しましょう。

最後に何か質問はありますか?

この質問は締めくくりとしてよく受ける質問です。
仕事に直接関係がある質問をいくつか用意しておき、そのうちの一つを質問するという感じで良いでしょう。面接の過程で、疑問点がクリアされていれば、「十分理解できました。
特に質問はございません」と終わっても大丈夫です。福利厚生など、仕事に直接関係ない質問はしない方が良いです。

まだある、面接の頻出質問

あなたの人間性に関する質問
・ 最近気になったニュースは何ですか?
・ 仕事をする上で大切なことは?
・ 未就業期間は何をなさっていましたか? (未就業期間がある場合)
・ 人間関係を良くするために、気をつけていることは?
キャリアに関する質問
・ 仕事での誇れる実績や成功体験をお聞かせください。
・ これまでの仕事で最も印象に残っていることは?
・ 今後のキャリアプランをお聞かせください。
企業・志望動機に関する質問
・ 転職先を選ぶ基準は何ですか?
・ 当社に持っているイメージをお聞かせ下さい。
・ 当社のサービス・商品をご存じですか?
・ 当社でやりたいこと、挑戦したいことは?
・ 現在(今後)身に付けたいスキルはありますか?
諸条件に関する質問
・ 勤務地についての希望はありますか?
・ ご希望給与はどの程度ですか?
・ 残業や休日出勤は許容できますか?
・ 内定を出したら、ご入社いただけますか?
・ 他の雇用形態や職種でもいいですか?
日本で就職! 次はあなたの番です!

外国人&留学生のための求人情報はもちろん就職成功ノウハウ、ビジネスに役立つ情報満載! まずは、無料会員登録から!

無料会員登録
Asia Job _ 外国人留学生の求人情報