HOME > 就職成功ノウハウ > 会社説明会

会社説明会とは?

就職したい学生と採用したい企業が直接顔を合せる機会が会社説明会です。
ここでは、会社説明会とその準備について説明しましょう。

会社説明会とは?

学生と企業が互いに情報を交換して、企業はよりよい学生を獲得するための、学生は希望の企業への入社意志の表明をする場です。説明会では学生諸君には直接人事担当者と顔を会わせることになり、同時に会社内で説明会が行われればその会社の雰囲気、社員の様子などを観察することができます。就職にあたってはこの説明会への出席は、次の面接に進むために欠かせないステップ。ぜひとも説明会には積極的に参加するようにしましょう。
会社説明会はできるだけ数多く回ったほうが、より自分に合った企業を見つけられるし、内定の確立も高くなるはずです。しかし時期が集中してしまうため、回れる企業数にも限界があります。やみくもに回っても無駄が多くなるばかりなので、自分が興味のある業界にある程度絞っておくことも必要です。絶対はずせない会社から、自分で行きたい企業の優先順位を付けて効率的に回りましょう。いずれにしても、効率的に進めるためにはまず興味がある業界、仕事についての情報を集めることが重要なのです。
説明会の日程は、求人票や、企業ホームページ、就職情報サイトなどで公開しているので、こまめにアクセスして新しい情報を仕入れましょう。

説明会場では

説明会場では指定の用紙に自分の履歴や志望動機、自己PRなどを記入するケースもあります。ルーズリーフに書いた物を持っていくと良いでしょう。説明会が始まると人事担当者から自社の事業内容や経営方針、採用方法などの説明があります。企業によってはビデオやスライドを使ったりもします。その後に、質疑応答へと続くのが一般的。と、ここで資本金はとか海外支店はなど、会社案内やホームページにあるようなあからさまな質問はしないよう に。この学生は企業研究していないな、と担当者から見られますから、充分にご注意を。説明会場では既に面接がスタートしていると思って下さい。
説明が終わって、さあ終了かなと思ったら試験が行われる「説明会=試験」というケースも珍しくありません。

会社説明会の種類

企業の説明会は自社が単独で行う単独説明会と、就職情報会社や自治体などが主催して行う合同会社説明会があります。

・単独説明会
その企業の社屋であるいはどこかのホールやホテルを借りて行われます。
単独では志望の企業一社のみですから、じっくりと説明を聞き、疑問に思ったことを積極的に担当者に尋ねることができます。この説明会の時に前の席が空いているにもかかわらず真ん中や後方よりに座る人がいます。積極性のなさを自らアピールしているようなもの。こんな時には前の方に座れば、担当者にも君の印象が残ります。

・合同説明会
大きなホールを借り切ってブースごとに数多くの企業が集まっています。ひとつの企業のスペースは狭いのですが、合同企業説明会は多くの企業に触れるチャンス。利用しない手はありません。
志望企業のブースに座ることはもちろんですが、関心がなくても他の企業も回ってみましょう。というのは、いろいろな人事担当者と話すことでこれからの就職活動にプラスになるからです。次に、志望企業だけが企業ではない、ということを知るためです。社会には君が知らないような会社が本当にたくさんあるのです。有名じゃなくても高い技術力を持っているとか、大手企業も中小企業なしではやっていけないなど、数多くの企業を見ることは決して無駄ではありません。ブースに座るだけでも面接の練習になりますからね。ぜひ、積極的に数多くの企業を見て下さい。

会社説明会で失敗しないためのチェックポイント

  • 時間を守る
    いつどこでどの企業の説明会が何時からあるか。常にチェックするのは当然です。
    説明会場に遅れて行って、こそこそと入場するような態度は人事担当者からもこの学生は当社に余り入りたくないんだ、と思われて当然です。
    合同説明会の場合は例えば、10時から夕方5時までの間で自由にというのが普通ですから、スケジュール的にはわりと楽ですね。
  • 場所のチェック
    単独の場合、その会社で行われるのか、どこかの会場でおこなわれるのかで場所が違ってきます。説明会の案内が来たら、確実に場所のチェックを。
    当日になって間違えたら、せっかく心を込めて作成したエントリーシートや履歴書も水の泡ってことになりかねません。できれば、事前に会場まで足を運んでおくと良いでしょう。
  • もし遅れそうになったら
    単独で行われる企業説明会に遅れそうになったら、まず正直に遅れそうだと担当者に至急電話しましょう。どうしても出席しなければならない、学校の授業があることを伝えてみます(ウソでも良いから)。
    また、単独でも企業説明会は何度もあるはずだから、次回の説明会に回してもらように頼むこともひとつの手です。
    説明会が集中する時期はこんなケースも考えられますので、くれぐれもスケジュールはしっかりと管理して下さい。
  • 説明会でのテクニック
    説明会では、ただ漫然と担当者の話を聞いているようではダメ。
    担当者が話している間にも、時々ノートにメモを取るように。といって下ばかりを向くのではなく担当者の話に時にうなずきながら、目を見たりするなど自分をアピールすることも忘れずに。
    この他、もし質問するときには前のページでいいましたように基本的な質問はやめて、企業研究をしてきたからこそ生じた質問をするように。
    終了しても人事の人をつかまえて「ちょっとお尋ねしたいことがあります」と言って、追加の質問をするのも自分を目立たせる方法です。
日本で就職! 次はあなたの番です!

外国人&留学生のための求人情報はもちろん就職成功ノウハウ、ビジネスに役立つ情報満載! まずは、無料会員登録から!

無料会員登録