HOME > 就職成功ノウハウ > 就職活動マナー

手紙・ハガキのマナー

手紙やハガキは、ワープロでもいいが、やはり手書きのほうがベター。
画一的なワープロの文字と異なり、手書きは相手の印象に残るし、誠意が伝わりやすいのも確かです。
手紙は就職活動に非常に効果的に働くことがありますので、きれいでなくても丁寧に書くことを心がけましょう。
手紙ではメールと異なり、基本的に「拝啓」「敬具」を使用します。季節の挨拶から入るのが一般的です。原則としてA4サイズの用紙1枚に収めること。あまりゴチャゴチャと書き込むと圧迫感があるので、レイアウトにも注意しましょう。
宛名には正式名称を使い、(株)や(有)のように略したりはしないようにし、会社名の前後どちらに株式(有限)会社と入るのかなど、間違えないように必ず確認しておきましょう。表記は社名、部署名、肩書き、名前の順番で、宛名で注意したいのが「様」と「御中」の使い分け、人事担当者など個人を特定する場合は「様」、人事課や新卒採用係の場合は「御中」となります。
署名には郵便番号、住所、電話番号も忘れずに記載します。ワープロ書きの手紙でも、署名は必ず手書きで書きましょう。名前の横にはハンコを押すといいでしょう。

手紙・ハガキの書き方のポイント

  • 字を間違えてしまったら、勿体無くてもそのハガキは捨てること。修正液の跡は印象を悪くするだけ。
  • 鉛筆やシャープペンはNG。必ず油性か水性のボールペンで記載すること。ちなみに水性の方がキレイに見える場合が多い。
  • 「拝啓」「貴社ますますご清祥のこととお喜び申し上げます」などの挨拶文が必要。
  • 手書きは気持ちが伝わりやすい。きれいでなくても丁寧に書くこと。字がまっすぐに揃っているときれいに見える。右上がりになるなどの癖がある人は、下敷きをずらしながら書くようにするといい。
  • 用件を書く前に自分の大学名や名前を表記すること。
  • 履歴書などで写真を貼る場合、万が一剥がれてしまうことを想定して、写真の裏側に自分の名前と学校名、学部名を書いておくこと。
  • メールと同じく、手紙を送ったときから選考は始まっている。一通一通しっかりと見直ししてから郵送するように。
日本で就職! 次はあなたの番です!

外国人&留学生のための求人情報はもちろん就職成功ノウハウ、ビジネスに役立つ情報満載! まずは、無料会員登録から!

無料会員登録