外国人材の紹介や派遣については、1000社以上の実績を持つ『外国人雇用センター』(Asia Job)にお任せください。


HOME > 外国人雇用ガイド

外国人雇用の手続き

企業が外国人を雇用する場合、日本人の方のように面接をして雇用契約を結べば、基本的には誰でもすぐに雇用できるわけではありません。

海外から外国人を就職させるために呼ぶ場合
日本に滞在して就労するための資格(就労ビザ)を取得する必要があります。

すでに日本に滞在しており、就労ビザを取得している場合
自社で働いてもらう職種に該当する就労ビザであるかどうかをきちんと確認する必要があります。

留学生を雇用する場合
留学のビザから就労のビザに切り替える必要があります。

以上のように外国人を雇用する企業様は、まず雇用する外国人の方の就労ビザのチェックが必ず必要になります。そして、それぞれのケースに応じて適切なビザに関する手続きをとり雇用する必要があります。
また、雇用後も日本人と同じような社会保険の加入などの手続きの他、定期的に就労ビザの更新などの手続きも発生しますので、企業は従業員のビザの期限などをきちんと管理する必要があります。

Asia Groupでは外国人のビザに関する手続き(ビザ申請、入管対策、管理等のサポート)を専門に取り組む 都内随一の実績とノウハウを持つ行政書士法人が貴社のビザ申請をザポートします。 詳しくは「あじあ行政書士法人」にお問い合わせください。




ビザ相談会

ビザ相談会
お問い合わせはこちら