HOME > 日本での生活支援 > 日本の医療福祉

介護保険制度

私たちの老後の大きな不安となっている介護を、家族だけで行なうのではなく、社会全体で支えていこうという仕組みが、介護保険制度です。
この制度は、保険料と税金でまかなわれます。寝たきり、痴呆などで、入浴、排泄、食事などの日常生活に介護が必要となったとき、市区町村の役所で介護の必要度について認定を受けると、支給限度額の範囲内で介護サービスを受けることができます。

被保険者

65歳以上の住民と、40~64歳で医療保険(国民健康保険、健康保険等)に加入している住民全員

第1号被保険者
市町村の区域内に住所のある65歳以上の人

第2号被保険者
市町村の区域内に住所のある40歳以上65歳未満の人で、医療保険に加入している人

※第1号被保険者と第2号被保険者は、それぞれ保険料が異なります。

介護サービスを受けるには

・どのようなとき
65歳以上で介護が必要な場合(第1号被保険者)、40~64歳で老化に起因する特定疾病(パーキンソン病など15種類)により、介護が必要になったとき(第2号被保険者)に、介護サービスを受けられます。

・要介護認定
介護サービスを受けるには、市区町村の役所に申請書を提出し、介護の必要度について、「要介護認定」を受ける必要があります。申請を受けて認定調査が行なわれ、その結果と医師の意見書をもとに、介護認定審査会で、介護の必要度が判定されます。(要支援、要介護1~5の6段階)

・ケアプランの作成
認定されると、原則として居宅介護支援事業所の介護支援専門員(ケアマネージャー)に、居宅サービス計画(ケアプラン)の作成を依頼し、その計画に基づいて、必要なサービスを利用できます。
※介護サービスの内容などは、市区町村の役所へお問い合わせください。

日本で就職! 次はあなたの番です!

外国人&留学生のための求人情報はもちろん就職成功ノウハウ、ビジネスに役立つ情報満載! まずは、無料会員登録から!

無料会員登録