HOME > 日本での生活支援 > 在留手続き

在留手続き

在留資格と期間

外国籍を持つ人(外国人)が日本に入国するとき、1人ひとりについて在留資格と在留期間が決められ、その資格と期間はパスポートに表示されます。
在留資格以外の活動をするときや、在留期間をこえて滞在するときは、手続きが必要です。もし、これらに反したときは、処罰もしくは強制退去させられることがあります。

・在留資格
日本に入国するとき、入国目的や在留目的に応じて、入国審査官から与えられる資格です。外国人は、この資格の範囲内で活動することができます。

在留資格の種類

技術 理学・工学等、自然科学分野に属する技術や知識を必要とする業務に従事する場合
人文知識・国際業務 法律学・経済学等の人文科学の分野に属する知識を要する業務に従事する場合。または外国人特有の文化的知識や感性を生かして活躍する通訳、翻訳、コピーライター、ファッション・デザイナー、海外業務、国際金融・広報宣伝等の業務に従事する場合
企業内転勤 外国にある日本企業の子会社・支店等からその企業の日本国内の本店等に転勤する場合。または外国にある本店から日本国内にある支店等に対して、技術や人文知識・国際業務に該当する活動を行う場合
技能 産業上の特殊な分野に属する熟練した技能(外国料理の調理、外国食品の製造、外国特有の建築や土木、宝石・貴金属又は毛皮の加工等に係る技能等)を要する業務に従事する場合
投資・経営 投資・経営や、その事業の管理業務に従事する場合
法律・会計業務 法律・会計関係の職業にて弁護士・公認会計士等の日本の法律上の資格を有する場合
医療 国・地方公共団体の機関や特殊法人等との契約に基づいて、試験・調査・研究等を行なう業務に従事する場合
研究 医療関係の職業にて医師・看護婦等の日本の法律上の資格を有する場合
教育 小・中・高等学校及び各種学校等の教育活動に従事する場合
興業 演劇・演芸・歌謡・舞踊・演奏・スポーツ等の興業関係の活動、またはテレビ番組や映画の製作・モデルの写真撮影等の芸能活動を行う場合
教授 大学や大学に準ずる機関、高等専門学校にて教授、助教授、助手等として迎えられる場合
芸術 作曲家、作詞家、画家、彫刻家、工芸家、写真家など、収入を伴う活動を行う芸術家
宗教 外国の宗教団体から派遣されて布教などの宗教活動を行う宗教家
報道 外国の新聞社、通信社、放送局などの報道関係者、およびフリーの記者、カメラマン、編集者

・在留期間
それぞれの在留資格ごとに、在留できる期間が定められています。外国人はその在留期間内に限って、日本に滞在することができます。在留期間をこえて、日本に滞在することはできません。

ビザ取得相談

まずは、お問い合わせ下さい。
ビザ取得をお考えの方、お困りの方、お気軽にご相談下さい。

お問い合わせ